読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川西で安宅美春

そもそも、インフルエンザは風邪と異質なものとききます。
その症状は1日から5日ほどの潜伏期間をのアト、短時間で高熱に達し、3日から7日は最低それが続きます。型によって、筋肉痛、腹痛や下痢など症状に少しのが見られます。でも、肺炎を併発したり、加えて脳炎心不全を起こす事もあり、甘くは見ることはできない感染症です。

乳酸菌を必要よりも多く摂取しても別に副作用といったものはありません。



ではありますが、身体に良いにしてもヨーグルトなどで過剰摂取してしまうと、カロリーオーバーとなることがあります。体内に吸収できる分量にも限りがあるワケで、ある程度の範囲内に限っておくと確実でしょう。インフルエンザをあらかじめ防ぐために乳酸菌が効果が期待できるといわれています。
約1年前に、テレビで子ともに乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べ指せたところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったというテレビプログラムを見ました。

うちの娘が受験を控えておりましたので、以来、ずっとヨーグルトを食卓に出しています。
腸まで乳酸菌が届くタイプのヨーグルトが断然いいそうです。ツボで聞くことが多いのは、へそ周りの端から指2本分くらい離れた、ある天枢(てんすう)であります。また、おへその下5cm程度のところにある腹結(ふっけつ)と言われておりるツボも効くと思っています。

手にも支溝(しこう)と外関(がいかん)と言われておりるツボがあります。

便秘のパターンによっても、効果を得ることができるツボが違うので、自分に合ったツボを押すことで改善できやすいでしょう。

最近の研究成果でインフルエンザの予防のためには乳酸菌は効果が高いということが知られてきました。

というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで完全に防いでいくことは出来ません。
ですので、日頃から定期的に乳酸菌を摂取することで免疫力のほうがアップして、インフルエンザを予防してくれたり、症状を和らげてくれる効果が期待できるのではないかと考えられているんです。私はとても頑固な便秘に苦労していたのですが、最近は少しずつ改善されてきています。効果があった対策は、毎日必ずヨーグルトを食べる事でした。



http://tarutnont3mvqwegcawpe.hatenablog.com/
お友達がこの方法で成功したという話を聞いて、私もやってみようと思ってヨーグルトを買いこんでとにかく食べることにしました。
毎日食べているうちに、改善されてきて、便秘の苦しみから解放されました。オリゴ糖は乳酸菌の数を増す成分として注目の存在となっています。オリゴ糖を投与された乳酸菌は活発になり、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制し、腸内環境を正常な状態に近づけてくれます。

乳酸菌とオリゴ糖は双方とも腸の機能を良くしたり、健康を維持したりするにはなくてはならない成分であるといえます。



息子がインフルエンザにならないための接種に出かけました。注射の瞬間は怖くて凝視できないのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見てうたれています。



予防接種終了後は怖かったーと話していました。



見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と推測しましたが、何も口できませんでした。